展示会で目立つポスターの作り方

日本では、毎日のように様々な展示会が開催されています。

一般的に、展示会にはブースがあって自社の商品を紹介していますが、人が多いブースと、人が少ないブースがあります。 人が集まるブースの特徴は、来場者の関心をひくような工夫をしていることです。 パネルやポスターを上手に使って、他の商品との違いを明確にアピールしているわけです。 事前に、しっかりとコミュニケーションのフローが出来上がっている企業のブースは、展示場でも人気が高いです。 展示会には、多くの同業者がいるので、その中で目立つことは非常に重要です。 来場者が会場に入った時に、興味を持ちやすいのは、視覚的に訴えることができるパネルやポスター、デジタルサイネージなどの集客ツールです。

 

展示会でポスターは欠かせない

人間がものを認知して判断するまでの時間は、約3秒だと言われています。

ですから、マーケティングでは、最初の3秒が勝負なのです。短い時間に、視聴者にインパクト与えることが大事なのです。 ここ数年で、デジタルサイネージが注目を集めていますが、昔ながらの広告ツールであるポスターも、根強い人気があります。 ポスターは、伝えたい目的があって作られます。視覚的な広告媒体なので、視覚にダイレクトに届くデザインが有効です。 伝えたいものの世界観が、しっかりと表現できていることが重要です。 ポスターのデザインでは、ジャンプ率が大切です。ジャンプ率というのは、使われている画像や文字の大きな部分と小さな部分の比率です。比率が大きいとジャンプ率が高くなり、比率が小さいとジャンプ率が低くなります。 ジャンプ率が高いポスターだと、コントラストの影響で目立ちやすく、人目を引きやすいです。

ポスターのデザインは、第一印象が重要です。

ジャンプ率は高めにした方が効果的です。ジャンプ率の高さで視覚的なインパクトを確保して、興味を持ってもらうのです。 ポスター作りでは、ターゲットの絞り込みも重要です。狙っているターゲットの好みを考えて、デザインを決めます。