ポスターデザイン3つのコツ

広告宣伝など商用のものであれ鑑賞用のものであれ、ポスターは何かをアピールするために作成されます。当然そのデザインにはアピールするためのコツというものがあり、それを無視して制作してしまうと「なんだか見づらい」「何を言いたいかわからない」残念なものに仕上がってしまいます。

 

ポスターデザイン3つのコツとは2

ポスターデザインのコツ1

コツの一つ目としては、ポスターのサイズを意識してデザインを組み立てることが挙げられます。駅などにある背丈より大きく、横幅もある巨大なポスターであれば至近距離で見られることは想定していません。数メートル離れて見るはずで、その際に見やすいよう文字を大きくしたりする必要があります。また小さいサイズなら問題にならなくても、引き伸ばされた際目立ってしまうような画像のアラがないかのチェックも必要となります。

ポスターデザインのコツ2

二つ目は、とにかく目を引く工夫をすることです。中づりなどを除けばポスターは通常壁などに貼られていますので、歩いている人からすると正面ではなく側面前方にあることがほとんどです。人間の周辺視野はさして広くないため、細かいデザイン性よりはまず視界に入ったときに印象を与えられるよう、鮮やかな色遣いやコントラストの強さ、大胆な構図などが必要となります。これでしっかりポスターのほうを向いてもらってはじめて内容や文字を読んでもらえる、スタートに立てるということを押さえておきましょう。

ポスターデザインのコツ3

三つ目のコツは、訴求したいターゲットを明確にすることです。若い男性に訴求したい場合は、他の層にいい顔をされなくても綺麗な女性を目立たせる必要があります。また低年齢の子どもにアピールしたいときには、子どもにも認識のしやすい目鼻立ちのはっきりとした人物やキャラクターを主題にするなどが効果的です。デザイナーのクセとして、どうしてもデザインの際には自分の描きたいことを優先してしまいがちですが、そこを意識して抑えつつ上記のことを踏まえて「足を止めて見てもらえる」ポスターを制作しましょう。