パンフレットは表紙デザインで引きつけよう

パンフレットは、サービスや商品の説明をする小冊子になります。

サービスや商品の中身を知りたい時には、パンフレットを見ることでおおよその中身がわかるでしょう。もし、魅力的な内容であれば、商品やサービスにお金を使ってくれる可能性があります。ですが、いい加減に作ったような中身であれば、だれも見向きをしない可能性があり、パンフレットをきっかけに売り上げが伸びる可能性は限りなく低いといえます。そうであるならば、パンフレットの中身は非常に重要なものになるでしょう。

 

目立つパンフレットデザインにしよう

表紙デザインに特にこだわろう

ですが、多くの人は最初からその商品に興味を持っていないかぎり、表紙が魅力的でなければ中身を開こうとはしません。つまり、表紙のデザインが非常に重要になります。極端な話しですが、表紙のデザインが悪ければ売り上げが下がり、表紙のデザインが良ければ売り上げが伸びることにつながるでしょう。どれだけしっかりとした中身を作ってみても、表紙のデザイン力が悪ければそもそもパンフレットを見てもらえない可能性があります。中身に時間とお金をかけて作り込んだ意味がなくなるわけです。

パンフレットのデザインは、自分で行うこともできますが、もし自分で制作して反応率が悪ければ、自分で制作するのはやめた方がよいでしょう。こだわりがあるのであれば別ですが、そうでなければ少しお金をかけて業者にお願いをした方が良いことになります。業者にお願いする場合にはお金がかかりますが、お金だけで決めると後で後悔するでしょう。それよりも、自分が気に入ったデザインを製作してくれるところにお願いをするべきです。金銭的な限界はありますが、可能な限り交渉することで、より魅力的なデザインをすることができるようになります。業者を選べば、あとは自分が思い描いているデザインを業者に伝えるだけです。

業者の方で、出来上がったパンフレットを送ってくれますので、それを見て訂正個所があれば訂正することもできます。納得できるまで訂正をするべきです。