広告デザインをデザイン会社に発注する時の注意点

広告デザインをデザイン会社に発注する際に気を付けることですが、まずは最初に自分の頭の中のイメージを具体的に文字とか座豪にしておくことです。曖昧な表現をしたり相手にまかせっきりの発注内容になると後で後悔をすることになってしまいます。またどんなに下手でもいいので、構成を大まかでいいのでスケッチしてみます。言葉で説明をするよりも、スケッチを共有することではかどるからです。あとは商品や広告の狙いをきちんと伝えることも大事です。

 

何を買ってほしいのか、来店してほしいなど狙いを言葉にするだけでデザインのヒントになることは間違いないからです。印象をつけたいイメージがある場合にはそれを具体例で表現します。たとえば発注をするときに爽やかな印象といっても、この言葉だけではデザイナーとのpコミュニケーションは不十分になってしまいます。爽やかといっても人それぞれ爽やかと感じるイメージは違うからです。東京タワーのようなかっこよさというように具体的にすることでそこからイメージもわきやすくなります。さらにイメージに近いと感じる画像とかサンプルがあったらそれも添えることです。それだけでこんなはずではなかったということを避けることが可能です。