ポスターやチラシ印刷へのエコ志向について

地球環境に対する配慮は、企業や店舗がポスターやチラシを製作するときにも、大切にしなければいけないポイントです。 環境を無視したポスターやチラシの製作をしていていると、企業や店舗のエコに対する姿勢も疑われてしまい、マイナスのイメージになります。 エコが大切な現代だからこそ、地球環境に優しいポスターやチラシの製作を心がけましょう。

 

デザインもエコへ

再生紙の活用

エコ志向でポスターやチラシの製作をするなら、使いたいのは再生紙です。 再生紙とは古紙からリサイクルされた紙のことで、近年利用が推進されています。 再生紙を使えば、紙の原料となる木材の伐採を減らすことができるので、地球温暖化の原因となる二酸化炭素も減らすことができます。 豊かな森林を守り地球温暖化を防止するためにも、紙は再生紙を使うようにしましょう。

ソイインクの活用

印刷をするときに使用するインクも、エコにこだわるならソイインクです。 ポスターやチラシの製作で使用される従来のインクには、石油系の有機溶剤が使われており、地球環境に悪影響を与えます。 また、揮発して体内に取り込むことによって、人体に害を及ぼす可能性もあるので、現場で作業をするスタッフの健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。 ソイインクは、植物性の大豆油を使って作られているインクです。 植物由来のインクなので、地球環境に悪影響を与えることはありませんし、体内に取り込まれても健康に及ぼす影響は少なくなります。 地球にも人にも優しいソイインクを使えば、エコなポスターやチラシができあがるわけです。

ポスターやチラシに使用する紙やインクだけでなく、エコ印刷を使うのも地球環境を守ることにつながります。 エコ印刷なら、使用する紙の枚数やインクの量を減らすことができるので、無駄なエネルギーを使わず効率的になります。 ポスターやチラシを製作するときに、エコにこだわるなら再生紙とソイインクを使いエコ印刷で作成すれば、地球の環境に配慮した優しい印刷物が作れるでしょう。

ポスターデザイン3つのコツ

広告宣伝など商用のものであれ鑑賞用のものであれ、ポスターは何かをアピールするために作成されます。当然そのデザインにはアピールするためのコツというものがあり、それを無視して制作してしまうと「なんだか見づらい」「何を言いたいかわからない」残念なものに仕上がってしまいます。

展示会で目立つポスターの作り方

日本では、毎日のように様々な展示会が開催されています。一般的に、展示会にはブースがあって自社の商品を紹介していますが、人が多いブースと、人が少ないブースがあります。 人が集まるブースの特徴は、来場者の関心をひくような工夫をしていることです。 パネルやポスターを上手に使って、他の商品との違いを明確にアピールしているわけです。

パンフレットは表紙デザインで引きつけよう

パンフレットは、サービスや商品の説明をする小冊子になります。サービスや商品の中身を知りたい時には、パンフレットを見ることでおおよその中身がわかるでしょう。もし、魅力的な内容であれば、商品やサービスにお金を使ってくれる可能性があります。

ポスターの未来について

最近はデジタルサイネージが注目をされるようになり、徐々に紙のポスターからデジタルサイネージに移行しつつあります。デジタルサイネージは動画を流すことができたり、瞬時に情報を更新することができるなど従来のポスターにはない様々なメリットがあるため、より効果的に宣伝をしようと考えている企業や人にとって非常に便利なものです。

ポスターデザイン・印刷

展示会パネルデザイン・ポスター依頼など

パンフレットデザイン制作

リーフレット・パンフレットデザインの作成・依頼

大阪のデザイン事務所

広告デザイン・広告制作の依頼